2004年11月6日朝昼ご飯

b0026260_12114328.jpg・ホシノ酵母の雑穀食パン
・アルゴビ(ポテトとカリフラワーのカレー)
・レンズ豆のスープ(象さんカップで)
・カスピ海ヨーグルト


今日は朝からアルゴビを作っていましたー
スパイスを空煎りしたので部屋中がインディアンレストランのような匂いです。(笑)むはっ。

野菜高の昨今、近所のスーパーで何故かカリフラワーが198円でした。(普段は結構高くて一玉3,400円してたのです。)ブロッコリーに押され気味であまり見かけなくなったカリフラワー、子供の頃はよく食卓にあがっていました。母は何故か、「花野菜」と呼んでいたのですが、実家以外でこの呼び名を耳にしたことが有りません。(笑)ほんとに、こんな名前なのだろうか??で、ついつい懐かしくて買ってしまいました。

レシピは又別にアップします。

今日前から興味のあった映画の公開日です。わくわく。この後出発です。
いってきまーす。
[PR]

# by dates | 2004-11-06 12:20 | ゴハン  

2004年11月5日夕飯

b0026260_22495881.jpg・トンカツ
・トマト味のレンズ豆スープ
・昼の残りのマカロニグラタン
・ご飯


こうやって客観的にみると、とっても胃にもたれそうな組み合わせですね。(笑)最近拝見するブログで頻繁にトンカツを見かけるのです。食べたくて食べたくて。組み合わせは後回しになってしまいました。(ちなみにグラタンはお腹に入らず朝食にまわすことに)

話は変わって、気が付いたらイラン旅行から帰ってきて1月以上経っていました。
イランではほぼ毎日同じ様な味付けのスープが出てきて、飽きてしまっていたはずなのに、ここにきて自分でも不思議ですが、イランの味を再現してみようかな、という気持ちになりました。

思いついたら作らずにはいられない、早速材料を準備し作ってみました。(考えるに、自分はイラン料理を気に入っていたのかもしれません。)

レシピはネットで検索し、味をみながら再現すべくスパイス等を加えていきました。材料は冷蔵庫の残り物。

トマト味のレンズ豆スープ ~ イランに思いを馳せて
★材料
レンズ豆    1/2缶(大麦の代わり)
カットトマト缶   1缶
人参        1/3本
玉ねぎ       1/2個
セロリの葉の部分 2本分
にんにく       1かけ
オリーブ油     大さじ1
塩          小さじ2/3
水          カップ600cc
チキンブイヨン   小さじ1/2
パプリカ       小さじ1と1/2
クミン         小さじ1
オレガノ        小さじ2

★作り方
1.にんにくはみじん切り、玉ねぎ、人参、セロリは荒めのみじん切りにする。
2.厚手の鍋にオリーブオイルをしき、にんにくをいれ炒め、香りがでたら、他の野菜を入れて炒める。しんなりしたら、トマト缶を入れて軽く炒める。
3.水を入れて蓋をし、弱火で約20分煮込む。
4.時間がきたらチキンブイヨン、スパイスを入れ、味をみながら、好みの塩加減にする。また弱火で野菜がくたくたになるまで煮る。水か煮詰まって少なくなりすぎたら適当に足す。
※ちょっと時間を置いてなじませた方がおいしい。

イランで食べた味にかなり近いものになりましたよ。決めてはクミンかな??

明日もがんばりまーす☆
[PR]

# by dates | 2004-11-05 22:10 | ゴハン  

懐かしの(?)ウールアンサンブル

b0026260_12393219.jpg今日はとても天気が良いので手持ちの着物を少しばかり虫干し中です。湿度約47%なり。温度、湿度共、快適濃紺●の範疇にあります。小春日和ですね~
b0026260_12395388.jpgb0026260_12401526.jpg

さて、これはなんでしょう。平凡な単衣のウールアンサンブル。(長着&羽織)
よれよれ加減から見ると、蚤の市で山と積まれた古着の中から引っ張り出して来た様な代物に見えます。ブログにUPするなら、アイロンかければいいのに。(笑)

実は遙か昔、私が誂えた物なんです。
先月実家に戻ったとき、ひょっこり出てきました。
誂えてから一度も袖を通さず、しつけが付いたまま。おまけに先生に添削された点数&コメント付き。(笑)75点・・・・ 昔から私って不器用だったのよね。

今のように自分が「着物好き」になるとは露とも思っていなかった当時は、
「こんなもの着ないよね。」と誂えた後、適当に丸めてタンスの奥にほったらかしにしていたのでした。作ったことさえ忘れて・・・

着物好きになった今、久々に再会したアンサンブルは、やはり我が手の中から生まれた子供(?)。なんと愛らしいのでしょう!よくぞ捨てられずにいたものです。どんなに運針がぐにゃぐにゃに曲がっていても、衿先がぼろぼろでも、袖付けがゆがんでいても、世界に二つと無い私が誂えた着物・・・

ゴメンね、アンサンブル、君をいつか、日の当たるところに着て行こう。>よれよれだけど
[PR]

# by dates | 2004-11-05 13:02 | 着物